+メッセージをインストールしてみた

アプリ

+メッセージってなに?

5/9よりスマホの新しいアプリが配信開始しました。

その名も『+メッセージ』

大手携帯キャリア向けのメッセージアプリです。
いわゆるショートメッセージと呼ばれていたアプリが刷新されました。

従来は、
・文字のみ(全角70文字まで)
・音声通話回線を利用
・送信料1通3円(メッセージの受け取り側は無料)
・ガラケーとスマホでも可能
・特に認証は不要

新アプリは、
・文字(全角2730文字まで)
・写真、動画、スタンプも可能
・データ通信回線を利用
・一回に添付できるデータは100MBまで(送受信両方にデータ通信が発生)
・複数人数でのグループメッセージ可能
・既読表示可能
・ガラケー、格安スマホは利用不可(検討中)
・旧のSMS相手にも送信可能(従来の仕様の範囲)
・最初に電話番号認証が必要

+メッセージはどうやって使うの?

NTTドコモ:ドコモアプリ管理からインストール
au:au Marketから従来の「SMS(Cメール)」をアップデート
ソフトバンク:Google Playからアプリをインストール

ソフトバンクユーザーは気を付けて!

特に「アプリの自動更新」を設定している方は注意してください。
知らぬ間に『SoftBankメール』から『+メッセージ』に置き換わってしまい、既存のメッセージもそのまま移行されます。
そして、知らないアプリが勝手に入っていると思い、『+メッセージ』をアンインストールしてしまうと移行されていた既存のメッセージも消えてしまいますので、注意が必要です。
「Softbankメール」アプリから「+メッセージ」アプリに一度アップデートすると、「Softbankメール」アプリに戻すことはできないようなので、インストールする場合はよく吟味してからの方が良さそうです。
※5/10時点でアプリのソフトバンク向けのアプリ配信は停止されていました。

iPhone・iPadは今後対応

サービス開始時点では、Android端末のみのリリースとなっています。
もうiOS端末へのリリースはもう少し先になりそうです。

使ってみて


従来のCメールと違和感なく使えました。
文字数が増えたこと画像が送れるようになったことは良かった。
デフォルトで「+メッセージ」で送信しようとするので、Cメールを使って送る場合は切り替えが必要なのでもう少し選択方法が分かりやすいと良かった。

使えるアプリなのか?

LINEのIDが分かっていれば、LINEを使うだろうし、ガラケー相手には今までと同じ使い方になる。
では、どういうケースがあるのが考えてみた。

・仕事関係の相手で電話番号しか知らないけど、地図を送りたい
・昔の友達にメッセージを送りたいけどLINEは分からない(ニックネームで表示されているので)

など使えるシーンは今現在かなり限られている。

今後の新しい展開に期待したい。

クラブチーム、部活では教えてもらえないトレーニングを学びたい!

基礎的なカラダの動かし方を再確認し、無理なくパフォーマンスを上げるトレーニングから始めていきます。

ご相談はこちら
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。